PwCコンサルティングへの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

PwCコンサルティング 転職 コンサル会社
コンサルタントの転職には、ケース対策などの専門的な対策を行うのが必須
ただ独学のみで対策を行うには限界があります・・・
コンサル転職専門の戦略戦術を伝授してくれるのは
考えるエンジン

まずは無料相談ができるので気軽に試してみましょう!

PwCコンサルティングとは、イギリスのロンドンに本拠地を置く、BIG4と呼ばれる世界最大の監査法人の1つです。

BIG4とは具体的に、以下の4つの監査法人を指します。

  • PwC
  • EY
  • KPMG
  • デロイト

世界158か国に約23万6000人という従業員を配するグローバルなコンサルティングファームです。
日本には、東京、名古屋、大阪に合計で4つの事業所を設けています。

また、PwCあらた有限責任監査法人をはじめとして、9つの法人もPwC Japanの一員です。

この記事では、PwCコンサルティングへの転職を目指す人向けに、当社の会社概要や求人、実際の面接の流れ等について、詳しく解説をします。

PwCコンサルティングはどんな会社?

社名 PwC Japan合同会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング
設立 2016年
資本金 1,000万円
売上 非公開
従業員 約8,100人
事業内容
  • 日本におけるPwCメンバーファーム向けの人事、総務、経理
  • マーケティング、ITなどに関わるコーポレート業務
公式サイト https://www.pwc.com/jp/

職種と仕事内容

PwCコンサルティングのコンサル部門は、以下のように多岐にわたっています

  • 自動車・製造・エネルギー
  • 流通・サービス
  • 医療
  • 情報通信・メディア
  • 金融
  • 公共サービス
  • PMI
  • オペレーションズ
  • カスタマー
  • 人事・チェンジマネジメント
  • ファイナンス
  • トランスフォーメーションサービス
  • ビジネスアプリケーション
  • テクノロジーコンサルティング
  • リスクコンサルティング
  • 戦略コンサルティング Strategy&

所属した部門に応じて、それぞれの課題解決のために働くというのが一般的な仕事内容です。

また、PwCコンサルティングでは、それぞれ以下のように職域が設定されています。

  • アソシエイト(1~4年)
  • シニアアソシエイト(3~8年)
  • マネージャー(5~10年)
  • シニアマネージャー(10年以上)
  • ディレクター
  • マネージングディレクター
  • パートナー

経験が浅いうちは、アソシエイトやシニアアソシエイトとして必要な知識やスキル、専門性を身につけつつ、昇格するに従って、プロジェクト全体の管理やクライアントとの関係構築といったようなマネジメント能力も要求されていくようになります。

新卒入社ほど昇進はしやすく、優秀な場合には、10年目でシニアマネージャーにまで上り詰める例もあるようです。

従業員の平均年齢

PwCコンサルティングの平均年齢は31歳と、比較的若いです。

平均年齢を押し下げている大きな理由は、多くの若手が辞め、新陳代謝が激しいことです。
多くの人が若くして辞めてしまうのは、以下のような理由があります。

  • 拘束時間が長く、激務である
  • コンサルにしては給与が低い
  • 単独での仕事の機会が多く、孤独感が強い
  • 一コンサルタントには裁量権がほとんどない

もちろん、要領よく仕事をこなしつつ、しっかりと結果を残していけば、昇進の道も保障されています。

しかし、現実的には、上記のような理由で会社に不満を感じてしまう人も多くいるようです。

そのため、出世を約束されたような成果を残しているホープでも、同業他社に転職するというケースも多くあります。

労働環境

PwCコンサルティングの1日当たりの労働時間は、平均で10時間です。

よって、毎日2時間程度の残業があります。

また、アサインされたプロジェクトやチームによっては、休日出勤を強いられるケースも少なくありません。

よって、月間の平均残業時間は、最短でも60時間程度、長ければ100時間を超えるようなケースもあります。

PwCコンサルティングの月間残業時間は、平均で78.4時間です。

また、PwCコンサルティングは「誰もがプロフェッショナルとして、やりがいと誇りを持てる環境」をつくるべく、法定休暇はもちろんのこと、以下のような休暇制度を中心に、福利厚生を充実させています。

  • 有給休暇
    9月1日を基準として年間20日を付与
  • リフレッシュ休暇
    9月1日を基準として年間5日を付与
  • 傷病休暇
    長期療養が必要な場合に、勤続年数に応じて付与
  • 介護特別休暇
    要介護状態にある家族の介護が必要な場合に、15日間の介護特別休暇を取得可能
  • 特別試験休暇
    有給休暇とは別に、修了試験を受験するための特別試験休暇を取得可能
  • 結婚特別休暇
    結婚に際して、5日間の結婚特別休暇を取得可能
  • 育児特別休暇
    男女問わず、育児のために連続15営業日の休暇(有給)を取得可能
  • FWA制度
    閑散期に短時間勤務、短日勤務(週あたりの出勤日を3〜4日に減らす)や3ヶ月間の休職などの柔軟な働き方が可能

また、PwC Funsというクラブ活動もあります。

スポーツ系から文化系、気軽に参加できるものから本格的に活動するものまで、個人の好みに応じて幅広く楽しむことができます。

英語は必要?

PwCコンサルティングでは、外国人スタッフも多く在籍しています。

また、クライアントがグローバルに事業を展開しているケースも多いため、英語力は一定程度求められます。

会社としても、従業員のグローバル対応力を高めるべく、語学学習支援プログラムを充実させています。

例えば、アソシエイトからディレクターまで、語学学習のための費用を年間20万円まで補助されるなどの制度が特徴的です。

社内評価でも英語力は関係してきて、シニアアソシエイトからマネージャーに昇格するためには、CASECで650点以上のスコアを出さなければなりません。
これは、TOEICで言うと635点くらいのスコアと同等です。

そのため、特に若いうちは求められる英語力は、それほど高くないと言うことができるでしょう。
しかし、アサインされたプロジェクトによっては、クライアントと英語でのやりとりを日常的に強いられるケースもあります。

PwCコンサルティングの平均年収

PwCコンサルティングでは、基本的に職域に応じて年収が変わります。

  • アソシエイト:500~800万円
  • シニアアソシエイト:700~1000万円
  • マネージャー:1000~1300万円
  • シニアマネージャー:1300~1700万円
  • ディレクター:1500~2000万円
  • マネージングディレクター・パートナー:2000万円以上

最終的な年収は、成績により確定するボーナスによって大きく上下します。

基本的には、新規採用者はアソシエイトの地位になるので、最低年収は500万円以上です。
初任給も43万円と、新卒にしては、かなり大きな金額を受け取れるのが特徴的でしょう。

しかし、同職のデロイトと比較すると、年収水準は100万円ほど劣り、コンサルにしては、給与は恵まれていません。

順調に昇進していけば、20代にしてマネージャークラスとなり、年収1000万円を突破することも夢ではありません。

従業員全体の平均年収は、約870万円となります。
なお、新卒者は比較的昇進しやすく、転職者は昇進しにくいという傾向があるようです。

これは、新卒者は1から丁寧に指導を受けられるのに対して、転職者はいきなり現場に割り当てられ、十分な教育を受けられないことが要因と言われています。

デロイトは、転職者も丁寧に教育するという風潮がありますが、PwCコンサルティングは、転職者に対してドライなのか、期待しているのか、それほど十分な教育機会を提供していません。

PwCコンサルティングの求人情報

PwCコンサルティング 求人情報

PwCコンサルティングでは、どのような求人があるのか、また必要な学歴、採用人数について紹介します。

公開求人はある?

PwCコンサルティングには、公開求人があります。

インダストリーごと、ソリューションごとに、数多くの公開求人があり、1年を通して空いているポジションの募集をしています。

中途採用であっても、基本的にはアソシエイトの職域での求人です。

しかし、一定のキャリアを有する人材については、シニアアソシエイトやマネージャーなど、上位の職域に応募することも可能です。

採用大学実績

PwCコンサルティングの採用選考会は、学歴を伏せて行われます。
よって、学歴が採用の可否に直結するということはありません。

見られるのは、人間性や実力です。

しかし、結果的に採用された人材が高学歴だったというケースは多々あります。
具体的に、PwCコンサルティングには

  • 東京大学
  • 一橋大学
  • 京都大学
  • 早稲田大学
  • 慶応義塾大学
  • 立教大学
  • 青山学院大学
  • 上智大学
  • 名古屋大学

といったような名門大学の出身者が多く集まってきます。

しかし、中には、大学には行っていない高卒者でも、中途採用でPwCコンサルティングに転職したという事例もあります。

求人の状況次第では、幅広く多くの人にチャンスがあると言えるでしょう。

採用人数

PwCの新卒採用人数は年々増加しており、その数は100人程度です。
実際には、景気や業績により変動します。

いわゆるBIG4のコンサルティングファームの中には、20名程度しか採用しない場合もあるため、PwCコンサルティングは比較的広く門戸を開放していると言えるでしょう。

なお、前述の通り、中途採用者の採用活動も通年で行われています。
それは、新卒者が早い段階で退職するケースも多いためです。

よって、新卒者と既卒者の割合は、大体50%ずつくらいとなっています。

PwCコンサルティング入社はどんな面接をするの?

PwCコンサルティング 面接

いざ、「PwCコンサルティングに就職したい」と考えた時、当然面接試験を突破しなければなりません。
PwCコンサルティングは人物重視の選考を行っているため、面接試験がかなり大きく内定の可否に直結します。

実際の面接では、具体的にどのようなことが問われるのでしょうか。

あなた自身に関する質問

PwCコンサルティングは人物を重視して選考を行うため、質問を通して人間性を把握していきます
具体的には、

  • 自己PRをしてください
  • 長所と短所を教えてください

といった非常にオーソドックスな内容です。

特に、短所については、ただ単に短所を語るだけではなく、それをどのようにして乗り越えようとしているか、具体的な方法論も話すようにしましょう。

もちろん、話す内容も大切ですが、それ以上に大切なのが、どのように話すかです。
メラビアンの法則と言って、人間は第一印象を視覚から得る情報を中心に判断しています。

そのため、どれだけ素晴らしい内容を話していても、暗い表情だと、逆効果にもなってしまいます。

面接全体を通じて、終始人間性は見られているものだと思って、常に笑顔で明るく話せるようにしておくことが必要です。

ケース問題

ケース問題は、コンサルティングファームでは絶対に問われると考えておくべきです。

ケース問題を通じて、どれだけ説得力がある回答ができるかで、実力の有無は判断されます。

もちろん、人間性も非常に重要ですが、人間性がどれだけ優れていても、一切の実力がないと感じられる人は採用に値しません。

PwCコンサルティングも営利企業ですから、結果を出せる人材を欲しているのです。
ケース問題では、具体的に以下のような内容が問われたことがあります。

  • 日本のノーベル賞受賞者を増やすためにはどうすればいいか
  • 個人情報の漏洩を防ぐためにはどうすればいいか
  • コーヒー屋の売上を2倍にするにはどうすればいいか

内容によっては、フェルミ推定とのドッキングになることもあります。

当然正しい答えはありませんので、いかに論理性をもって、分かりやすく回答できるかが肝心です。

本番でいきなり問われて対応できるようなレベルのものではありませんので、しっかりと面接前に対策しておくようにしましょう。

なお、分かりやすい説明方法としては、「結論→理由→(具体例)」という順序がおすすめです。

説明の型が決まっていると、自分の考えも整理されるようになり、話しやすくなります。

ストレス耐性についての質問

コンサルタントとしての仕事は、激務です。

この記事でも紹介したように、PwCコンサルティングにおいても、過酷な残業、休日出勤はよくあります。

そんな状況においても、へこたれずにしっかりと仕事ができる人材なのかどうかも、面接で問われます。

具体的な質問内容としては、以下のようなものがあります。

  • 体力はありますか
  • 毎日どれくらい疲労が溜まっていますか

もちろん、回答としては、体力があることをアピールしなくてはいけません。
しかし、それだけでは不十分です。

具体的に、どのようにして体力をつけているのか、疲労を回復させているのか、また体力があるということを具体的に示すエピソードを話す必要があります。

また、日々多忙な中でも、新しいことを勉強したり、挑戦したりする向上心があることもアピールできると良いでしょう。

PwCコンサルティングが求める人材

PwCコンサルティング 求める人材

PwCコンサルティングの公式サイトにおける「求める人材像」では、コンサルタントには3つのタフネスが求められるとしています。

具体的に3つのタフネスとは、以下の内容を指します。

  1. 知的タフネス
    知識豊富で論理的かつ客観的であること。クライアントに納得してもらうための傾聴力や説明力、分かりやすい資料の作成力。合意を取るための根回しができるスキル。
  2. 体力的タフネス
    クライアントごとに異なるニーズに対応しつつ、長時間に渡る課題解決のためにやり抜く体力。
  3. 精神的タフネス
    自分の思うようにはいかないことばかりの状況でも、常に安定を保ち、何事も前向きに、楽しむことができる精神力。

コンサルタントの仕事は、すぐには成果が出ない、正しい答えも分からないものです。

その状況をやり抜くために、PwCコンサルティングでは3つのタフネスを持った人材を求めています。

PwCコンサルティングに転職する難易度

PwCコンサルティング 転職 難易度

PwCコンサルティングは、BIG4の1つとして、就職希望者から絶大な人気を誇る会社の1つです。
そのため、激しい競争は必至。

通年で経験者の採用活動も行っていますが、決して簡単に通れる門ではありません。
コンサルティング業界は全体的に人手不足のため、売り手市場であるとも言われます。
それは確かに事実です。

しかし、だからといって採用担当者の目線が下がることはありません。

特に転職者の場合、新卒のようには教育の機会を与えられず、いきなり現場にアサインされます。

よって、「この人材は即戦力になる」と判断されなければ、採用されることはありません。
以上のような理由から、PwCコンサルティングに転職する難易度は、かなり高いと言えるでしょう。

PwCコンサルティングに転職する理由

PwCコンサルティング 転職 理由

PwCコンサルティングでの仕事を通じて、どうすれば業績を向上させられるか、どこに無駄があるのか、などビジネスを成功させるうえで必要な視点を磨くことができます。

顕著な成績を残せれば、PwCコンサルティング内での昇進はもちろん、他社からヘッドハンティングされる可能性もあります。

さらに、PwCコンサルティングで得た知見を元に、自分で起業してビジネスを行っていくという選択肢もあるでしょう。

平均年齢は31歳ということもあり、あまり長く勤めることにはならない職場として考えた方がいいかもしれません。

よって、将来のキャリア形成のための踏み台とするという理由で、PwCコンサルティングに転職する人が多くいます。

PwCコンサルティングの転職まとめ

PwCコンサルティングに転職するのは容易ではなく、採用担当者のお眼鏡に叶う人材にならなければなりません。

特にケース問題は相当の準備が必要になるので、自分一人だけで努力をして、内定を勝ち取るのは難しいでしょう。

しかし、しっかりと準備ができれば、グッと転職の可能性を高めることができます。

そのための1つの選択肢が、セミナーの受講です。

セミナーを受講することで、PwCコンサルティングの内定を勝ち取るための大切なポイントを踏まえた準備をすることができます。

本気でPwCコンサルティングへの転職を志している方には、セミナーを受講してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事:戦略系コンサルタントとは【仕事内容、有名なファーム、出身者を解説】

コメント

コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
タイトルとURLをコピーしました