日本オラクルへの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

コンサル会社
コンサルタントの転職には、ケース対策などの専門的な対策を行うのが必須
ただ独学のみで対策を行うには限界があります・・・
コンサル転職専門の戦略戦術を伝授してくれるのは
考えるエンジン

まずは無料相談ができるので気軽に試してみましょう!

日本オラクルは1977年に設立され、ソフトウェア事業でマイクロソフトに次ぐ世界第2位の規模を誇っているオラクルコーポレーションを親会社に持つ日本の企業です。

1985年に設立され、2000年には東証一部上場企業となりました。

この記事では、日本オラクルへの転職を目指す方向けに、企業情報や労働環境、平均年収、求人情報などを詳しく解説しています。

日本オラクルへの転職を目指す方は、是非参考にしてください。

日本オラクルの企業情報

社名 日本オラクル株式会社
本社所在地 東京都港区北青山2丁目5−8 オラクル青山センター
代表者 金子 忠浩
設立 1985年10月15日
資本金 244億8000万円
売上 非公開
従業員 2,497名
事業内容 企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェア、クラウドサービスならびにそれらの利⽤を⽀援する各種サービスの提供
公式サイト https://www.oracle.com/jp

職種と仕事内容

日本オラクルの企業理念は「データの価値を知として最大化させ、豊かな情報社会を実現すること」です。

その企業理念を達成すべく、情報システム構築のためのソフトウェアやハードウェアの開発、またそれに関連したコンサルティング、そしてソフトウェア関連の教育事業などを手掛けています。

主な部門としては以下の3種類が挙げられます。

セールス部門 ハードウェア、ソフトウェア、そしてクラウド製品などをクライアントに提案していく仕事です。一般的な「営業職」と同じ認識となります。
ソリューションエンジニア部門 企業理念を実現させるための新たな製品を開発していく技術職です。セールス担当とともに、クライアントのヒアリングも行い、企画段階から参画、そして具体的なソリューションの開発を行っていきます。
コンサルティングサービス部門 クライアントのシステム構築に関連して、設計から構築、運用まですべてのフェーズを一貫して担当します。単なる政倫の利用だけではなく、クライアントに最適化させることで、その製品の効果的な利用を支援していくのが仕事です。

日本オラクルの労働環境

日本オラクルの労働環境について、詳しく解説しています。

残業時間

日本オラクルの月間あたりの平均残業時間は30時間程度とされています。

OpenWorkで実に700件以上ものサンプルから抽出されているデータなので、それなりに現実と近い値が出ているはずです。

会社のルールとして、完全に裁量労働制を採用しているため、効率よく仕事ができる場合にはさらに労働時間を短縮することも可能です。

そのため、比較的余暇時間も確保することができ、ワークライフバランスを両立させやすいという声も多数あります。

有給消化率も50%以上ということで、比較的高めの数値です。

福利厚生

日本オラクルの福利厚生や諸手当などについては、公式サイトで以下のように掲載されています。

休日・休暇制度
  • 完全週休2日制(土曜日・日曜日)
  • 祝日・年末年始休暇
  • 年次有給休暇(初年度15日 - 4月1日付入社の場合)
  • 傷病休暇(5日)
  • 慶弔休暇
  • ボランティア休暇
  • 生理休暇
  • 産前産後休暇
  • 育児休業職
  • 介護休業職
待遇・福利厚生
  • 社会保険完備
  • 確定拠出年金制度
  • 総合福祉団体定期保険
  • 団体長期障害所得補償保険
  • カフェテリアプラン(選択型福利厚生)
  • 健康保険組合保養所
  • 財形貯蓄
  • 社員持株会
  • 各種クラブ活動補助

外資系の企業ではありながら、それなりに福利厚生も充実していると言えます。

強いて挙げれば、住宅手当や退職金がないという点が気になるところでしょうか。

リモートワークの環境も整えられているため、特に子供を抱える女性などにとっては働きやすい環境が整えられているようです。

また、青山の本社と赤坂のオフィスには国家資格を有するマッサージ師が常駐しており、就業時間中であっても体のメンテナンスを行いたい時などは、利用することができます。

さらに日本オラクルの福利厚生の目玉と言えるのが、選択型の福利厚生である「カフェテリアプラン」です。

このカフェテリアプランでは、従業員が自分好みのプランで福利厚生を受けることができます。

具体的なカフェテリアプランのメニューとしては、以下のようなプランがあります。

  • 資格取得や通信教育などの自己学習支援
  • スポーツや家族旅行などの余暇活動関係
  • 育児支援や介護支援などのライフサポート関係
  • 就業時間内に英語の個別レッスンを受けられる「Café English」

日本オラクルの社員は毎年一定数のポイントが付与されるので、勤続年数が長くなるほど、選択肢を広げることができるのも大きな特徴です。

英語は必要?

日本オラクルの採用ページの「よくあるご質問」において、英語力についての記載があるので紹介します。

Q)英語が苦手なのですが、大丈夫でしょうか?

A)日本オラクルでビジネスを行っていく上で、英語力が一つの武器となることは確かです。
しかし、私たちは単に英語力だけではない、グローバルなコミュニケーション能力も重要であると考えています。
現時点で英語力があることは望ましいですが、グローバルな環境で自分自身が活躍したいと思えるかどうかが重要です。

「絶対に必要」とまでは断言していませんが、「ある程度は身に着けておくべき」と心得ておきましょう。

しかし「TOEIC〇〇点」といったような数値で測れる指標だけではなく、英語力も含めたトータルのコミュニケーション能力を有した人材を日本オラクルは求めています。

そのため、日常的に英語での会話を行うなど、英語を使ったコミュニケーション能力を高めていくことが大切です。

また実際に社員の口コミ等を見ると、職種によっては日常的に英語を使用する機会も多いようです。

英語力があれば即採用というわけではもちろんありませんが、他の求職希望者との差別化を図る上では大きな武器になるので、日本オラクルへの就職を目指すのであれば、予め習得しておくようにしましょう。

日本オラクルの平均年収

日本オラクルの給与は、年俸制の基本給とインセンティブボーナスにより成り立っています。

基本給とボーナスの比率は職種にもよりけりですが、エンジニア職よりもコンサルタント職が、コンサルタント職よりも営業(セールス)職の方が、よりボーナスの比率が高くなり、実力主義の傾向が色濃くなってきます。

実際の比率で言えば、以下のような比率になるようです。

職種 基本給割合 ボーナス割合
エンジニア職
コンサルタント
営業

上記を踏まえた一般的な年収推移としては、以下のようなものになると推測されます。

  • 20代:550~700万円程度
  • 30代:650~1000万円程度
  • 40代:900~1500万円程度

50代以降にもなると、役職についていなければ、日本オラクルには残れていないというケースも多いようです。

もちろん具体的な金額は、どの職種で採用されるか、どれだけ実績を出せたかに左右されます。

総じて言えることは、一般的な日系企業と比較すると年収水準が高いということです。

しかし、20代の昇給スピードがやや遅いため、その部分は同業他社に引けを取っていると言わざるを得ません。

日本オラクルの口コミ

日本オラクルの退職者や現役の従業員などの口コミをいくつか紹介します。

全世界をマーケットにして事業を行っているため、グローバルな人材や情報、カルチャーに日常的に触れることができる。非常に合理的で外資系の特徴が色濃く出ている部分もあれば、随所に社員が心地よさを感じられるような日本らしい気配りもある。人間関係も非常にオープンで、風通しも良いので、仕事のしやすさは抜群。
何でも積極的に取り組める分、指示待ち人間だと何も仕事ができない。自分自身で常に必要なことは何かを探し、それに対して何をすべきか考え、実行できるという主体性の高い人間であれば、非常にやりがいを感じられると思う。

日本オラクルの求人情報

日本オラクルの求人情報について紹介します。

公開求人はある?

日本オラクルの公式サイトには新卒採用及びキャリア採用、そして障害者採用についての情報が公開されています。

新卒採用は本年度末での大学及び大学院の卒業予定者が対象です。

ジョブ型ではなくメンバーシップ型での採用となるため、具体的な配属は入社後に決定されます。

キャリア採用は部門ごとの採用を行っています。

募集がある部門は営業部門で、具体的に提案するソリューションとしては以下のようなものがあります。

  • Marketing Cloud(マーケティング支援)
  • Sales Cloud(営業支援)
  • Service Cloud(カスタマーサポート業務支援)
  • EPM/ERP Cloud(統合業務管理)
  • HCM Cloud(人事・人材管理)
  • データベース/Oracle Cloud Platform
  • ミドルウェア/Oracle Cloud Platform
  • ハードウェア/Oracle Cloud Platform

公式サイトで掲載されているのは営業部門だけですが、営業部門以外での採用も行っているようです。

その他の部門に興味があるという方は、人事本部採用企画部に直接コンタクトを取ってみましょう。

採用情報

日本オラクルでは募集時の学歴については「不問」、学科については「全学部全学科」と記載しています。

つまり、学歴による選別は行わず、実力や人間性でのみ評価をするということです。

採用人数自体は公開されていません。

日本オラクルは業績を右肩上がりで伸ばし続けていることから、採用人数もそれなりに多くいることが予想されますが、ある程度競争は熾烈になる可能性もあるということは、頭に入れておく必要があります。

日本オラクル入社はどんな試験・面接をするの?

日本オラクルに入社するためには、入社試験や面接を突破しなければなりません。

では具体的にどのようなフローで選考が行われ、具体的な選考内容はどのようなものなのか、詳しく紹介していきます。

日本オラクルの選考スケジュール

日本オラクルの採用選考のフローは概ね以下の通りとなっています。

  1. エントリー
  2. 採用説明会
  3. 適性検査
  4. 面接(複数回)

特に変わり種となるものはなく、オーソドックスな流れで行われます。

面接で重視されるポイント

日本オラクルの採用面接において実際に面接官を務めたことがある人物は、面接において最も重視するポイントについて、「その人が日本オラクルで幸せになれるか」という点を挙げています。

そのため、日本オラクルの自由な社風、実力主義の社風において、のびのびと仕事ができるかという部分が非常に重要と言えるでしょう。

よって非常に詳細な企業研究と自己分析は不可欠です。

面接の際は、特に自分の長所や性格を日本オラクルの社風にマッチさせながら回答していく必要があります。

例えば、指示待ち人間や決められたタスクをきっちりとこなしていくことができるような人間は、残念ながら日本オラクルの仕事では活躍できないでしょう。

面接で実際に聞かれる質問①「なぜ日本オラクルなのか」

当然ですが、面接においては志望動機を聞かれます。

模範回答はありませんので、求職者自身の過去の経験から遡り、一貫した価値観のもとで日本オラクルを志望しているということを示すことが大切です。

特に転職者の場合は、なぜ転職するのか、以前の勤務先と日本オラクルにはどのような違いがあるのか、といったことまで深掘りして回答する必要があります。

面接で実際に聞かれる質問②「日本オラクルの製品やサービスについての理解はあるか」

日本オラクルでは入社に際して、専門的なIT知識やスキルを必須要件とはしていません。

だからと言って、全くの無知で入社ができるということもなく、最低でも日本オラクルの製品やサービスについての知識は有しておく必要があります。

これは公式サイトの採用情報ページにも記載されていることです。

特に営業職を希望する場合は、飛び込み営業でクライアントを納得させなければならないことも少なくありません。

仮に今すぐに営業に行ってこいと命じられたとしても、そつなく対応できるレベルでの理解をもって、日本オラクルの面接に臨みたいところです。

日本オラクルが求める人材

日本オラクルが求める人材について、公式HPに具体的な記載はありません。

しかし、社風などから以下のような能力・スキルのある人材が活躍できるということが推測されます。

  • チャレンジ精神が旺盛である
  • 自律的に学び成長していく欲が強い
  • うまくセルフマネジメントができる
  • 成果を出すことに貪欲である

新卒採用であれば、入社時に専門的なITの知識やスキルが問われることはありません。

しかし、最低でも日本オラクルの製品やサービスについての知識を有していることは必須と考えておくべきです。

キャリア採用においては特に営業部門に力を入れているため、営業での実務経験や実績、高い営業スキルを有していると、内定獲得に近づけるでしょう。

日本オラクルに転職する難易度

日本オラクルに入社する上で、資格の有無が問われることはありません。

求職者の中には「ITに関する専門的な知見がないと厳しいのでは」と感じる人も多くいると思いますが、その点は安心してください。

日本オラクルは研修制度も非常に充実しているので、入社後のOJTやOff-JTを通じて、必要な知識やスキルは習得していくことができます。

しかし、キャリア採用の場合は即戦力としての活躍を期待されて入社することが多いので、プログラミングスキルなど、ITに関連した知識やスキルは身に着けておくべきです。

仮に募集要項において「ITスキル必須」といったような記載がなくても、他の求職者との差別化を図る上では非常に有効になります。

日本オラクルに就職する理由

日本オラクルは一般的な日系企業とは異なる文化のある企業です。

特に大きな相違点としては、

  • 裁量労働制などかなり自由な勤務体系
  • 実力主義によるボーナス割合の高い給与制度

などが挙げられます。

良くも悪くも自分次第という特徴が色濃い会社です。

そのため、自分の実力を高めていく上では最適な環境と言えるでしょう。

逆に、与えられた仕事を満足にこなせず、成果を残せなかった場合には、給与が上がらないことはもちろん、会社に居づらくなるという面もあります。

日系企業以上に合理的な考え方があるので、積極的にリストラが行われる可能性もあるという点には注意が必要です。

総じて言えるのは、「人柄や仕事ぶりではなく、成果という客観的な指標で評価をされたい」という競争心の強い人に向いている会社であると言えます。

成果を追い求めていく過程で自ずとビジネススキルを身に着けることができ、市場価値も高まっていくでしょう。

そのため、万が一日本オラクルが水に合わずに退職することになったとしても、転職活動でそれほど困ることはないはずです。

日本オラクルの転職まとめ

この記事では、日本オラクルへの転職を目指す方向けに、企業情報や労働環境、平均年収、求人情報などを詳しく紹介しました。

日本オラクルは外資系と日系の両方の長所が混ざったような社風があり、非常に人気度の高い企業です。

業績も拡大を続けており、IT化が進行し続けていることを踏まえると、今後もさらに企業規模は大きくなっていくことが予想されます。

その影響で恒常的な人材不足に陥ることが予想され、中途採用者への門戸も広く開放されるでしょう。

しかしその競争を突破することは容易ではありません。

日本オラクルの転職面接に臨むにあたっては、自分自身のビジネススキルを磨き、市場価値を高めておく必要があります。

そのためにおすすめなのが、セミナーの受講です。

セミナーを受講することで、実際のビジネス現場において求められるスキルやマインドを身に着けることができ、日本オラクルへの転職成功に近づくことができます。

本気で日本オラクルへの転職を目指している方は、是非前向きにセミナーを受講してみてください。

コメント

コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
タイトルとURLをコピーしました