コンサルタントが転職に失敗しないするようにする方法【後悔しないために】

コンサル転職
コンサルタントの転職には、ケース対策などの専門的な対策を行うのが必須
ただ独学のみで対策を行うには限界があります・・・
コンサル転職専門の戦略戦術を伝授してくれるのは
考えるエンジン

まずは無料相談ができるので気軽に試してみましょう!

コンサルタントは非常に人気のある職種です。

各コンサルティングファームが、通年で中途採用をかけていることもあり、「いつかは自分もコンサルタントになりたい」と考えている方も多いでしょう。

しかし、誰でも簡単にコンサルティングファームに就職できるわけではなく、難易度の高い試験をパスする必要があります。

そこでこの記事では、コンサルティングファームへの転職に失敗する人の特徴や、転職できたもののその後失敗する人の特徴について、解説します。

コンサルティングファームへの転職を成功させるために、「こうはならないように気を付けよう」という視点で参考にしてください。

コンサルタントの転職に失敗しないための前準備

コンサルティングファームに限らず、転職活動をスムーズに進めていくためには、何よりも準備が大切です。

準備が不足していると、後で取り返す必要性が生じ、無駄な時間を過ごすことになります。

では、具体的にどのような準備をすればいいのか、詳しく解説します。

お世話になる人選び

転職活動は主体的に、自分の意思で進めていくことが原則です。

しかし、どうしても自分一人の力では及ばない部分もあります。

そこで、自分に力を貸してくれる人をしっかりと探しておくことが大切です。

個人主義の傾向が強いコンサルティング業界において、「他人の力は借りるのは望ましくない」と感じる人もいるかもしれませんが、それは誤解です。

むしろ実際のビジネスの現場では、自分の頭だけでは思考が及ばない範囲も多いため、積極的に他人の力を借りることが奨励されます。

現役コンサルタントやコンサルティングファーム出身者、転職エージェントなど、まずは自分に力を貸してくれる人を探しておきましょう。

企業調査はしっかりとする

コンサルティングファームへの転職を目指す上で、必ずパスしなければならないのが面接です。

そして、その面接においてはほぼ100%「なぜこの会社を志望するのか」と理由を問われます。

その際に求職者は、面接官が「なるほど。だからウチの会社で働きたいのか」と納得できる回答をしなければなりません。

その会社である必然性を説くためには、企業調査が不可欠です。

また、しっかりと企業調査を深めておくことで、入社後のギャップを解消することもできます。

勉強はしっかりとする【ケース対策】

コンサルティングファームの中途採用で求めているのは、即戦力となる人材です。

新卒とは違い、「これから悠長に育てていこう」という考えを持っている会社はほとんどありません。

よって、選考において自分が即戦力のコンサルタントとして活躍できることをアピールする必要があります。

その最大のアピールとなる場面が、ケーススタディです。

ケーススタディの回答において、

  • 論理的思考力
  • 視野の広さ
  • プレゼンテーション能力

など、コンサルタントに求められる能力を有しているか否かを評価されます。

このケーススタディは、十分な準備をせずに対応できるほど、甘いものではありません。

そのため、できるだけ多くの事例に触れるなど、十分な勉強をしておく必要があります。

何事も素早く

日ごろから、どんなことに対しても早くレスポンスする習慣を身に着けておくことが大切です。

それは、選考試験や実際のビジネスの現場において、限られた時間の中で素早い反応を求められることが多くあるためです。

「メールやLINEの返信はすぐにする」「頼まれたことは最優先で終わらせる」「明日ではなく今日実行する」など、日ごろの意識の積み重ねにより、自然と素早い行動ができるようになっていきます。

無意識に素早い行動ができるようになっていれば、わざわざ自分でアピールしなくても、振舞いそのもので「行動が早い人間」という印象を植え付けられるでしょう。

コンサルタントの転職活動で失敗する人の特徴

続いて、コンサルティングファームへの転職活動がなかなかうまくいかず、失敗続きになる人の特徴を解説します。

学ぶ気持ちがない

コンサルティングファームへの転職は、Web試験やケーススタディ、場合によってはグループワークなどが行われます。

いずれも、付け焼刃でどうにかなるものではなく、しっかりとした準備が欠かせません。

他の業界であれば、「数打てば当たる」こともあるかもしれませんが、コンサルティング業界においては、真に実力がある人でなければ、転職を掴むことは不可能です。

同じくコンサルティングファームへの転職を目指す人材は、自分以上に優秀で、なおかつ自分以上に努力をしているということを、常に頭に入れておくようにしましょう。

そのような人材よりも高い評価を得るためには、勉強するしか選択肢はありません。

キャリアが不明確

企業の人事部としては、転職面接に来てくれることは非常に喜ばしいことです。

しかし、それと同時に「なぜ前職を辞めて、ウチの会社に来たがるのか」ということを疑問に思うでしょう。

面接を通じて、その疑問を払拭する回答ができなければ、高い評価を得ることはできません。

中途半端な回答をした場合には、「特に何も考えずに行動を起こしている」と思われることもあります。

コンサルタントとして、このようなレッテルを張られることは致命的です。

「仕事に対しても、ビジョンを持たずに行動するのだろう」と評価されてしまいます。

志望動機やキャリアプランについては必ず聞かれますから、しっかりと自分のキャリアビジョンを整理して、自分の言葉で語れるように準備しておきましょう。

コミュニケーション能力がない

コンサルタントは、個人主義の傾向が強いと感じる人も多いかもしれません。

しかし実際には、クライアントの担当者やプロジェクトチームのメンバーなど、コミュニケーションを取っていかなければならない場面が多々あります。

決して、誰とも関わらずにただ与えられたタスクだけこなしていればいい、というような仕事ではありません。

そのため、論理的思考力や幅広い視野はもちろんのこと、チームの一員として周囲と物事を成し遂げるコミュニケーション能力があるか、ということも大きな評価ポイントとなります。

コミュニケーション能力は面接での応対を通じて、トータルで見られていると考えた方が良いでしょう。

当然、明るくて前向きな話ができる人間の方が、高い評価を得ることができます。

面接の場だけ明るく取り繕おうとしても、百戦錬磨の面接官にはすぐに見破られます。

そのため、できるだけ日ごろからコミュニケーション能力を鍛えられるよう、トレーニングを積んでおきましょう。

 コンサルタントの転職で失敗しにくい人の特徴

ここまではコンサルタントの転職で失敗する人の特徴を説明しました。

一方で、すんなりとコンサルタントへの転職を成功させる人もいます。

ここでは、コンサルタントの転職で失敗しにくい人にある2つの特徴を紹介します。

ベンチャー出身

1つ目が、ベンチャー出身者です。

ベンチャー企業は基本的に少数精鋭で動いているため、1人の社員に与えられる裁量権が非常に大きくなります。

そのため、ビジネスマンに求められる様々なスキルを、自然と高めていくことができるのです。

大手企業の場合には、大きなプロジェクトに携わっているとしても、その末端業務にしか関われないということも多くあります。

対してベンチャー企業では、企画や開発、営業、マーケティング、マネジメントなど、幅広い仕事を経験できるため、自ずとビジネスマンとして高い評価を得ることができるのです。

また、ベンチャー出身者は多くの場合、決断力があります。

素早く適切な決断ができるという点も、コンサルタントの転職が失敗しにくい1つの理由です。

コンサルタントからコンサルタントへの転職

コンサルタント出身者は当然、即戦力として評価される可能性が高くなります。

そのため、他ファームへの転職も、比較的スムーズに決められるのが特徴です。

実際に、元コンサルタントが別のコンサルティングファームに転職するという事例は少なくありません。

コンサルタントに転職できたのに失敗する人のパターン

厳しい選考に勝ち抜き、コンサルティングファームへの転職には成功したものの、仕事が思うようにいかず、失敗してしまう人もいます。

転職はゴールではなく、あくまでもスタートに過ぎませんから、その後の仕事で失敗してしまえば意味がなく、自分にとっても、採用してくれたコンサルティングファームにとってもデメリットにしかなりません。

そこで、転職成功後の失敗を防ぐべく、そのような傾向に陥りやすい人の特徴を紹介します。

自分でこなそうとして抱え込んでしまう

コンサルティングファームに就職できる人間は、非常に優秀で、自分の能力に自信を持っているという人も少なくありません。

それ自体は非常に素晴らしいことですが、それが「人に頼らず、自分だけで頑張りたい」という余計なプライドを生むことがあります。

率直に言って、コンサルタントの仕事は自分一人だけで進められるほど甘くありません。

どれだけ優秀なコンサルタントでも、周囲の助けなくして、仕事を進めることは不可能です。

そのため、「他人に頼るのは恥ずべきことだ」といったような感情は、完全に捨て去るようにしましょう。

むしろ、他人に頼らず自分だけで頑張りすぎた結果、仕事の進捗が遅れてしまうことの方が、よっぽど恥ずべきことです。

入社後は、話しやすい同僚を見つけるなど、一人で抱え込みすぎない職場環境を自分で作っていきましょう。

自分の考えを押し通そうとする

コンサルタントは大前提として、ロジカルシンキングができなければなりません。

しかし、人はしばしば論理ではなく感情で動くこともあります。

どんな状況でもロジカルシンキングを駆使して、正論ばかりを述べ、自分の考えを頑として曲げないという姿勢は、人間関係の亀裂にも繋がりかねません。

当然、人間関係が悪くなれば、仕事もやりづらくなります。

そのため、自分は間違いなく正しい、と思っていたとしても、時には一歩引いてみるという姿勢も大切です。

冷静になって一歩引いてみることで、新たな視点を獲得できることもあります。

クライアントや上司をリスペクトできていない

コンサルタントとして仕事をしていると、

  • 「なぜクライアントは自分の考えを分かってくれないのだろう?」
  • 「なぜ上司は自分を正当に評価してくれないのだろう?」
  • 「上司は自分よりも仕事が遅いくせに腹が立つ」

といったようなことを感じる時もあります。

しかし、それが高じてクライアントや上司に対するリスペクトを失うと、結果的に自分に対する信頼がなくなり、仕事がやりづらくなりかねません。

コンサルタントの仕事は、コンサルタント料を支払ってくれるクライアント、そしてマネジメントしてくれる上司がいて、初めて成り立つものです。

その事実を絶対に忘れてはいけません。

どんな状況でも、周囲の人に対するリスペクトの気持ちを持ち続けることが大切です。

長時間労働に耐えられない

コンサルタントの仕事は基本的に激務です。

毎日の長時間労働は当たり前で、時間外労働も月間100時間以上になることも少なくありません。

連日の長時間労働に耐えうるだけの体力や精神力がなければ、コンサルタントの仕事を続けていくことは難しいでしょう。

単に体力があるということだけでもコンサルタントは務まりません。

最低限の体力や精神力はもちろんのこと、少しでも効率的に仕事をこなせる能力や、疲労状態から回復するための回復力も必要です。

コンサルタントが転職に失敗しないためには若いうちに働いた方がいい

コンサルティングファーム各社の中途採用は、幅広い人材に対して門戸を開いています。

そのため、かなりの経験を積んだビジネスパーソンであっても、選考さえ通過すれば、コンサルティングファームへの転職は可能です。

しかし、やはり若いうちに目指すのがおすすめです。

若い頃は体力があるということはもちろんのこと、まだ「自分なりの仕事の進め方」が確立していない状態ですので、大きく成長する余地があります。

コンサルティングファームでは優秀なビジネスパーソンばかりが働いていますから、同じ空気を吸うだけで得られるものも一級品です。

また、若ければ「即戦力」と判断されなくても、ポテンシャルを期待されて、採用してもらえる可能性もあります。

まとめ:コンサルタントの転職に失敗しないためには

この記事では、コンサルタントの転職に失敗しがちな人の特徴をいくつか紹介しました。

コンサルティングファームへの転職のチャンスは幅広く用意されていますが、それを勝ち取るのは簡単ではありません。

しっかりとした準備をするのはもちろんのこと、高いレベルでのビジネススキルを身に着けておかなければ、高確率で失敗します。

そのため、コンサルタントへの転職を志しているならば、今この瞬間から、自らのビジネススキルを高めておくようにしましょう。

ロジカルシンキングやコミュニケーション能力、幅広い視野などは、日ごろのトレーニングや読書、勉強会の参加などを通じて、身に着けることができます。

より多くの準備をして、コンサルタントへの転職を実現できるよう頑張ってください。

コメント

コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
タイトルとURLをコピーしました