GD(グループディスカッション)対策【経験を積んで苦手を克服】

コンサル面接対策
コンサルタントの転職には、ケース対策などの専門的な対策を行うのが必須
ただ独学のみで対策を行うには限界があります・・・
コンサル転職専門の戦略戦術を伝授してくれるのは
考えるエンジン

まずは無料相談ができるので気軽に試してみましょう!

コンサルティングファームによっては、選考の中でグループディスカッション形式の面接を採用している企業もあります。

グループディスカッション形式は苦手にしている学生も多く、事前の対策が当日の通過率の有無を大きく左右するといっても過言ではありません。

今回は、コンサルティングファームのグループディスカッションの特徴と対策について解説していきたいと思います。

GD(グループディスカッション)とは

グループディスカッションとは、学生5~7名程度で構成されたグループに対して、現役のコンサルタントである社員が面接官として参加します。

事前にグループに対してテーマが与えられ、それについて1時間ほどの時間をかけて全員でディスカッションを行います。

テーマは、事前の知識量で差がつかないように、誰でもわかる一般的な質問が設定されることが多いです。

たとえば、「ある企業の売り上げを2倍にするためにはどうしたらよいか」「通勤ラッシュを緩和するためにはどのようにすればよいか」というようなタイプの課題設定です。

時間配分などは、各グループの裁量に任せますが、最後にはグループとしての意見をとりまとめて提示することが求められます。

なぜGD(グループディスカッション)を行うのか

なぜコンサルティングファームはグループディスカッションを行うのでしょうか。

ポイントはいくつかありますが、ここでは主なものを紹介します。

短時間で大量に選考することができる

個人での面接の場合は、一人一人を選考する必要があるので時間がかかってしまいます。

その点、グループディスカッションの場合は一度に5名~7名の学生を選考することができます。

しかも、時間も約1時間程度と短いため、企業にとっては効率的に採用を行うことができます。

協調性など企業の役割を知ることができる

コンサルタントの仕事は、プロジェクト単位でチームを組み、課題解決に取り組むことがほとんどです。

特に以下の内容は、実務でも重要な内容のため、グループディスカッションにおいて、評価のポイントとなります。

  • 論理的に物事を考えて理解し、それを発信できているか
  • 他人の意見を正確に理解できているか
  • 議論の流れを押さえた上で、適切なタイミング、適切な伝え方で相手に自分の意見を述べられているか
  • 全員で議論をするために、前提や筋道を論拠立てて設定できているか
  • 具体例を示し、リアルな視点で物事を見られているか

個人戦にならないように、メンバーの意見を取り入れ、議論を推進する、大勢の中でも埋もれずに自分の意見をはっきりと述べることが大切です。

GD(グループディスカッション)の進め方

上記のようなグループディスカッションの特性を踏まえ、具体的な進め方について解説していきます。

課題設定

グループディスカッションは、ただ単に知識の量を測るものではありません。

また、事前の知識の差が不公平をもたらす可能性もあるので、一般的でない知識が必要になるような、専門性が高い分野のテーマは避けるように選択されています。

課題は、以下のテーマが頻出です。

  • A社の売り上げをアップさせるにはどうしたらいいか
  • 与えられた課題について解決策を考える
  • 企業が取り組むべき新たな事業を提案する
  • 抽象的なテーマに対する解決策を提案する
  • 与えられた選択肢から、取るべき方策を決定する

いずれの課題も、グループディスカッションを通して、創造的、論理的な思考力を評価したいというのが企業の狙いです。

グループ内で、グループワークの目的を定め、話すべきテーマ・方向性を決めた上で進めていきましょう。

解決策の検証

設定された目的を解決するためにはどのようなプロセスを踏めばよいか、議論・検討を進めていきます。

  1. 他人との意見を交わすことにより知を引き出し
  2. グループ全体の雰囲気を協調性を持って盛り上げ
  3. 全体の意見を効果的にとりまとめる

ということが重要になります。

自分の意見については、その意見について正しい理由を明確に述べましょう。

その際、独りよがりな意見ではなく、事実や数値など、根拠となる理由も併せて示せるように心がけましょう。

結論

最終的に、自分の意見や相手の意見をまとめ、グループとしての結論を導き出します。

結論は、その結論に至るまでの根拠が明確であることが重要です。

要するに、聞き手から「なぜ?」と聞かれた際に、よどみなく正確に根拠を説明できるかということが必要です。

発表

最後に、グループとして取りまとめた結論を発表します。

発表というと、「話のうまさ」によって評価されると思いがちですが実はそれだけではありません。

上記の結論の部分でも述べましたが、話に論理的な筋道が立っているかどうかが重要です。

GD(グループディスカッション)の役割

グループディスカッションをする上で、役割決めも重要です。

役割によっても評価のポイントが異なってきます。

内定を勝ち取るために、効果的な役割とその進め方について解説していきます。

リーダー

リーダーは、その名の通りもっとも印象的な役割です。

決められた時間の中で、チームをまとめ、チーム一人一人の意見を聞き、自分の意見も述べながら建設的に議論を進めていきます。

発言が少ないメンバーに対して、意見を求めたりというようにコミュニケーション力や協調性がアピールできます。

たとえ、答えが正しくても、協調性のない振る舞いは嫌われます。

相手の意見を聞いているようで、途中で意見を遮ったり、早口でまくしたてたりといったような行動は面接している側にはしっかりと見えているものです。

印象的な役割であるが故、独りよがりな行動をとってしまうと、評価が下げられてしまうというデメリットがあります。

タイムキーパー

タイムキーパーについて理解するために、そもそものタイムキーパーの役割を再確認しましょう。

タイムキーパーは、結論をまとめるまでの時間管理をすることが役割です。

実際のビジネスの現場でも、限られた時間内に結論を出すことが求められます。

全体の時間を計ることはもちろんですが、グループ全体の進捗状況を確認しながら、時間配分や議論の進め方を考え、提案し、無駄な時間を使うことなく進める役割があります。

全体の話を理解していないことには務まりませんので、タイムキーパーの役割は実は難しいということは頭に入れておきましょう。

発表者

最後に発表者はプレゼンをする必要があります。

プレゼンをすることが苦手な人は多く、発表者の役割は敬遠されがちです。

発表者に求められるのは、結論を述べ、それに至る根拠を明確に示すことです。

ディスカッションではその答えの正しさは重要ではありません。

GD(グループディスカッション)のタイプ

ここでは、グループディスカッションで頻出の設問タイプを紹介していきます。

抽象的テーマ

抽象的なテーマに関する解決策を考えるタイプの問題です。

幅広いテーマになり、意見も割れやすいので、方向性を見定めた上で議論を進めるようにしましょう。

内容

出題例としては以下のものが挙げられます。

  • ものを売るにはどういう力が必要か
  • 無人島から脱出する手段をあげる
  • よい本とはどんな本か

対策

お題が抽象的であるため、グループディスカッショに慣れていない学生が集まってしまうと、定義がブレてしまい議論の方向性が定まりません。

議論の方向性をしっかりと定めるためにも、定義づけを行っていきましょう。

定義づけを行う際には、5W1Hの観点で一つずつ要素を分解することをおすすめします。

課題解決

与えられたテーマに対して、課題を解決するタイプの問題です。

内容

出題例としては以下のものが挙げられます。

  • A社が業界1位になるにはどうすればよいか
  • B社の新卒採用をどのように行っていくか
  • 売れる電気自動車を考えるには

対策

課題解決型は、コンサルティング業界はじめ、メーカー・商社・中小ベンチャーまで幅広く採用されています。

前提確認において、課題に対する現状分析や原因を分析しなければならないテーマも多く存在するため、前提確認には多目の時間を充てる必要があります。

実際のディスカッションも時間がずれ込むことが予想されるため、予備の時間を設け、余裕のある議論を行うことがポイントです。

資料読み取り

資料読み取り型では、抽象型や課題解決型とは異なり、資料に具体的なデータが明記されているため、その数字・データを元に議論を進めていかなければなりません。

内容

出題例としては以下のものが挙げられます。

  • 資料から、顧客のニーズにあった新商品を提案せよ
  • 資料から、会社の業績改善策を指摘せよ
  • 資料から、海外市場へ参入すべきか述べよ

対策

課題解決型と違い、資料が示されているため、その資料に掲載されていない根拠の無い意見を言うことはNGです。

また、資料読み取り型は、企業が「正解」を設定していることもあり、結論の妥当性も選考のポイントになるケースもあり得ます。

ディベート

ディベート型ティスカッションは、賛成/反対の立場や自分に明確な役割が与えられた上で行われるグループディスカッションです。

日本の大学生は諸外国に比べ、ディベートをする機会が少なく、お互いに意見をぶつけ合うことに慣れていないため、事前に対策をしっかりしておくことが必要です。

内容

出題例としては以下のものが挙げられます。

  • コンビニの24時間営業は是か非か
  • 企業にとって重要なのはカネかヒトか
  • 自分が商品開発部長になったと仮定し、最適な予算配分をせよ

対策

ディベート型では、自分の本当の意見とは別に、賛成/反対の意見の立場に割り当てられ、その与えられた立場から意見を述べます。

そのため、常日頃からアンテナを広く持ち、賛成意見と反対意見を言えるような訓練が必要です。

ディベートとは「討論」になりますので、相手方の意見に対して欠点をついて論破したり、逆に相手からの指摘に対して切り替えし、論破できる対策をしておくことが重要となります。

相手との「言い合い」が目的ではなく、意見を交わすことでより建設的な議論に持ち込み、一つの結論に導くことが重要ですので相手の意見も尊重する必要があります。

その他

これら以外にも、特殊な選考方式もあります。

内容

出題例には以下のものが挙げられます。

  • フェルミ推定型のディスカッション
  • 社員への逆質問型ディスカッション

対策

フェルミ推定とは、予測が難しい数値に対して、論理的に概算することを指します。

ケース面接でもよく行われる形式です。

推定を行うためにはいくつかの要素を分析し、それぞれの要素に数値を当てはめて概算数値を算出します。

要素の分解にはロジックツリーなどのツールを使用することが有効です。

GD(グループディスカッション)で落ちないようにするコツ

グループディスカッションで落ちないようにするにはコツがあります。

3つのポイントを紹介しますので、ぜひ活用してください。

書籍やネットで情報収集・勉強する

グループディスカッションのテーマややり方についてはある一定の「」があります。

目的や進め方を事前に情報収集しておくことで、時間のロスなく、スムーズにディスカッションに臨むことができます。

友達同士で練習する

グループディスカッションの対策に悩んでいるのはあなただけではありません。

就活仲間に連絡をして、練習の場を設けてみるのもよいでしょう。

友達とのディスカッションであれば、お互いの反省点を指摘し合うこともできるのでおすすめです。

GD対策講座に参加する

グループディスカッション対策講座は、グループディスカッションに詳しい講師や、実際に企業で面接官を担当している人などが攻略ポイントを解説してくれます。

本番ではないので気軽に参加することができ、自分が周りと比べてどれくらいのレベルにいるかを客観的に測ることもできます。

まとめ:GD(グループディスカッション)は何度もやり込んで苦手克服

グループディスカッションは、何度も経験を積んでいくことで慣れていくことができます。

また、企業によってはグループディスカッションのテーマも異なってくるため、事前に情報収集した上で選考に臨みましょう。

特にグループディスカッションが苦手な人は、友人との間で事前練習したり、練習セミナーなどに参加して場数を踏むことがとても効果的です。

普段からも賛成の立場・反対の立場で意見交換をするなど、「思考する力」も意識的に鍛えることも勝ち筋を見つけるためのポイントです。

コメント

コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
タイトルとURLをコピーしました