第二新卒で戦コン転職は可能?【ポイントとおすすめファームを紹介】

コンサル転職
コンサルタントの転職には、ケース対策などの専門的な対策を行うのが必須
ただ独学のみで対策を行うには限界があります・・・
コンサル転職専門の戦略戦術を伝授してくれるのは
考えるエンジン

まずは無料相談ができるので気軽に試してみましょう!

コンサルティング業界は、最近では各業界の働き方改革や、ITの導入により仕事が増え、採用も盛んに行われています。

特に戦略コンサルティングファームでは第二新卒の受け入れを活発にしている企業も多く存在します。

新卒時に戦略コンサルティングファームを志望していたものの、残念ながら不合格になってしまった、自分がどこまでできるのか力を試したい。

そういった方にはぜひ第二新卒で戦略コンサルに転職することをおすすめします。

本記事では、第二新卒でコンサルティング業界に転職する際のメリットや注意点などをお伝えします。

戦コンに転職するべき人・向いている人

現在の会社に不満を持っていたり、将来の自分の立ち位置に不安を持っている人については、戦略コンサルティングファームへの転職に向いています。

具体的には、

  • 「大手企業だと仕事の裁量が無い」
  • 「縦割りの業務で仕事が暇」
  • 「会社の未来がない」
  • 「給料が低すぎる」
  • 「尊敬できる上司がいない」
  • 「高いスキルが身につかない」
  • 「上が詰まっていて昇進ができない」

戦略コンサルティングファームへの転職は、こういった悩みを解決する確率が高いです。

第二新卒で戦コンに転職するポイント

政府が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%の新卒者が3年以内に離職すると言われています。

それゆえ、第二新卒の市場は中途採用活動においても重要な位置づけになるといっても過言ではありません。

新卒後数年とはいえ、社会人経験を経験しているということもあり、面接時にはビジネスをテーマにしたケースディスカッションを求められる場合もあります。

これは、新卒時同様に「地頭の良さ」や、ビジネスモデルや事業に対する基本理解、課題を解決する上で乗り越えるべきものは何かといったように深みのある議論に対応できる力も必要になります。

戦コンの中途採用数

ファームにもよりますが、中途採用者数のうち、3割から5割程度は第二新卒が占めていると言われています。

第二新卒者向けの採用セミナーや説明会が開催されていることからも、各社の力の入れ具合が分かります。

中途採用者の役割

一般的に、第二新卒者として採用される場合、新卒と同様のポジションでの採用となることがほとんどです。

求められる役割としては、コンサルタントとしての基礎的な仕事をしっかりできることです。

つまりは、「他社事例や業界情報などの情報収集」「インタビューの実施」「議事録の作成」「スライド等の資料作成」などの業務を行うことになります。

面接においても、第二新卒だからといって何か特別な対策をする必要はなく、なぜ戦略コンサルティングファームで働きたいのか、コンサルタントとしての素養が高いかどうかを見られます。

業界に対する基礎知識を書籍やネットで調べることに加えて、ケース面接や転職をして何をやりたいかという志望動機をしっかりと準備することをおすすめします。

中途採用者の働き方

第二新卒で転職した場合、まずは新卒者と同じように、基礎研修を受けることが一般的です。

研修の期間や内容はコンサルティングファームによって異なりますが、会社概要や事業内容の説明、コンサルタントとしての働き方、英語のトレーニング、ロジカルシンキングトレーニング、仮説思考トレーニング、提案書の作成や各種ツールの使い方などを数日から数週間かけて学びます。

研修が終わるとプロジェクトにアサインされることになります。

中には研修途中にプロジェクトにアサインされることもあります。

アサイン後は、業務の引継ぎや、データ収集・加工、分析業務などコンサルタントとして基本的なタスクを与えられることが一般的です。

現場のコンサルタントは、第二新卒者に大きな期待をすることはありません。

というのもたかだか1~3年働いてきただけの人に業界に対する深い専門知識があるとは思っていないからです。

まずは最初にアサインされた案件でコンサルタントとしての基本知識を身につけて、その後の知識や技能はプロジェクトを経験する中で積み上げていけば問題ありません。

第二新卒で戦コンに転職するのにおすすめのファーム

マッキンゼー

いわずもがなの戦略コンサルトップのマッキンゼー。

報酬は高く、20代で1000万を超えます。

コンサルティングファームは、デジタル技術の発展に伴って、デジタル分野、テクノロジー分野に力を入れています。

新卒に比べ、第二新卒は学歴もそこまで重要視されないのもポイントです。

ボストン・コンサルティング・グループ

戦略系の中でも、ボストン・コンサルティング・グループは、マッキンゼーと同じくIT系
のプロジェクトに力を入れています。

特に、IT企業などでSEの経験がある人が採用されやすい傾向があります。

国内の案件も数多く、英語力に自信がなくてもチャレンジしてみるのをおすすめします。

アクセンチュア

アクセンチュアはストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの5つの領域でサービスを提供しています。

戦略部門は「ストラテジー」に当たります。

アクセンチュアは総合コンサルの分野ですが、ここ最近はデジタルの分野の案件が多く、
毎月100人前後の中途社員を採用しています。

戦略部門も300人前後と少ない人数で回しているものの、人手が足りなくなっているのも事実です。

第二新卒でコンサル業界に転職した体験談

戦略コンサルティングファームでは、どんなにピカピカの学歴・経歴があったとしても簡単に内定を取れるわけではありません。

採用のハードル、選考に向けての準備にも戦略を立てて進めることが必要です。

ここからは、実際に戦略コンサルティングファームに第二新卒で入社した社員の、成功談、失敗談をご紹介します。

成功した体験談

【25歳男性】(大手通信キャリア→外資系コンサル)

新卒で勤めた会社は、大手の通信キャリア会社でした。
スマートフォンやモバイルPCなど、新モデルの企画立案などを主に担当していました。
新しい製品を出すことが目的になってしまい、消費者のニーズをないがしろにしたままの製品戦略に頭を悩ませていました。
そんな中、モノではなく、最上流の部分でサービスを届けるという戦略コンサルという仕事に目が留まりました。
モノを押し売りするのではなく、アイデアや戦略を提供する仕事ということと、自社の製品に囚われずに顧客にとって最適になるものを提案・提供できるとうことに魅力を感じました。
第二新卒でも採用募集をしているということを知り、戦略コンサルに応募しました。
事業戦略の分野は、ある程度は業務経験があったため、面接時にはそれらのことを中心に話を進めたところ、見事内定を勝ち得ることができました。
今の仕事に「悩み」を持っているとうことは、改善をする意思があることの裏返しとも言えます。
特に新卒2~3年目は「悩み」をもって働くことが多いかと思います。
その悩みを具体化して、どうすればその悩みを解決することができるのかを論理的に筋道を立てて常日頃考えることで内定への道が近づくと思います。
【28歳男性】(大手メーカー→外資系コンサル)

朝は早く出社、夜は遅くまで残業。若手ということもあり、誰でもできるような事務作業や資料作成で時間を取られる日々。なぜこの会社に入ったのだろう、このままでは自分の将来が見えない。
そんなとき、新卒の時に外資系コンサルを受けていたことを思い出し、転職エージェントの力も借り、見事内定を勝ち取りました。
第二新卒にしては年齢が高めでしたが、メーカーでの技術分野での知見があるということを評価されたようです。
【27歳女性】(大手総合コンサル→外資系コンサル)

理系出身ということもあり、新卒時はプログラマーやSEの職に就きたく、IT企業を中心に就職活動をしました。
大手総合コンサルに入社したものの、与えられた案件は仕様書の誤字脱字チェックや、簡単なモジュールの修正といった作業ばかり。実務経験はまったくといっていいほど身につきませんでした。
戦略コンサルでもデジタル分野の採用に力を入れているということを聞き、奮起して応募を決めました。
ちょうど人手が足りない案件があったことと、私のITスキルを評価され見事内定をいただきました。
しかしこれといって実務での経験がない私にとって、即戦力を期待されているのではないかと不安になりました。
しかし、新卒採用者と同様に、基礎から研修が組まれ、着実にスキルアップを図ることができました。
アサインされた案件でも、まずは簡単な仕事から与えられ徐々に慣れていくように計画的に教育をしていただき大変助かりました。

失敗した体験談

【26歳女性】(大手銀行→外資系コンサル)

大手銀行に勤めたものの思うように自分に裁量がなく、仕事も単調。
結婚しても将来はバリバリ働いていきたいという思いもあり、大きな仕事をしたという理由で戦略コンサルティングファームへの転職を決意。
銀行では単調な仕事ながらも専門的知識を活かしていたため、面接でもその知識量・技量を認められ見事内定を勝ち取る
しかし入社後にまかされた仕事は、新卒とコンサルと同様にリサーチ業務や資料作成ばかり。自分の強みを生かせる仕事にたどり着けず、結局1年も経たずに辞めてしまいました。
下調べもせず、「戦略コンサルティングファーム」という言葉に躍らされて入社をしてしまったことを後悔しています。
企業との相性を調べることまでが就活です。
会社のネームバリューや年収だけで判断せずに、ネットや書籍での情報収集、企業で実際に働く社員の声など、使用できる手段はすべて使った上で転職活動に臨むことが大切だと痛感しました。
【25歳男性】(大手飲料メーカー→外資系コンサル)

世界で活躍できる人材になりたい。
そう考え、世界的にも有名な大手飲料メーカーに就職しました。
入社後は地方にある工場に勤務し、2年目からは営業回りの日々が続きました。
自分の強みは創造的な意見をはっきりと論理的に言えること。
しかし生来協調性がなく、他人の意見には否定的になってしまう性格です。
意を決して戦略コンサルに応募し転職に成功。
しかし、第二新卒者の転職では、面接だけは皆いい人を演じることに長けており、自分もその一人でした。
入社後はその攻撃的な性格が災いし、徐々にアサインされる仕事も減ってきてしまいました。
コンサルでは、IQだけでなく誰とでも協調して働くためのEQが必要であることを後々知ることになりました。

戦略コンサルに転職する注意点

コンサル未経験であれば、20代はプロジェクトをこなしていく中で経験値を稼げばいいという企業の想いがあるので、未経験でも受け入れられる可能性は高くなります。

素直さやポテンシャル、コミニケション能力、柔軟な頭が評価されるということです。

これは逆にいうと、第二新卒で入社をした場合、いきなりプロジェクトの先頭を仕切るような仕事に就けることはほぼないということを意味します。

自分に自信があり、早く成長をしたがために外資系コンサルに転職をしたはいいものの、与えられる仕事は新卒同様の基礎的な仕事ばかりということも。

あくまでも第二新卒は新卒と同様に扱われるということを念頭に入れた上で転職活動を進めていきましょう。

まとめ:第二新卒こそ戦コンに転職すべき

コンサルティング業界は、いま未経験者を数多く受け入れています。

それは、働き方改革やIT導入により、多くのクライアントがそれを計画→立案→実行するコンサル会社に多くの仕事を発注しているからです。

もともとコンサルディング業界は、ここ20年くらいで急速に成長した市場であるため、コンサルタントの数自体が不足しています。

新卒採用を大量にしても、それに追いつかないほどの仕事が降ってくるので、企業も早いスパンで採用活動をする必要があります。

コンサルティング業界の働き方自体が特殊であるため、社会人経験はあるけれどもまだあまり業界の色に染まっていない第二新卒をターゲットに採用数を多く増やしています。

また市場の動向にも常に目を向けてみましょう。

繰り返しになりますが、外資系コンサルティングファームでは、ここ数年でITやデジタル分野のプロジェクトへの取り組みを強化しています。

たとえば、デジタル・マッキンゼーや、アクセンチュアのデジタル部門、デジタルBCG、デロイトデジタルなど、デジタル専門の組織が数多く立ち上がっています。

戦略部門ではデジタル分野に精通した人材がまだまだ少ないため、AIやロボティクス、UIやUX、VRに精通した方々であれば、まだその分野のコンサルタントは珍しいため、大いに活躍の機会がある舞台であることをぜひとも知って頂きたいと思います。

30代になってからコンサルタントになるのと、20代のうちにコンサルタントになるのでは、後者のほうが伸びしろはずっと大きいです。

そのため、戦略コンサルに転職する場合には、なるべく若いうちに転職することをおすすめします。

コメント

コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
タイトルとURLをコピーしました