ボストンコンサルティングへの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

ボストンコンサルティング 転職 コンサル会社
コンサルタントの転職には、ケース対策などの専門的な対策を行うのが必須
ただ独学のみで対策を行うには限界があります・・・
コンサル転職専門の戦略戦術を伝授してくれるのは
考えるエンジン

まずは無料相談ができるので気軽に試してみましょう!

世界屈指のコンサルティング会社して、名声高いボストンコンサルティング。Fortune誌の「働きたい会社Best100」に11年連続でトップ10に選出されるなど、世界規模で高評価を受けている企業です。

グローバルネットワークを駆使し、豊富な経験値と専門スキルによって、様々な業界・業務に価値提供を行なっているボストンコンサルティングですが、圧倒的なネームバリューや年収の高さから、多くの人が入社を志望する難関転職先でもあります。

キャリアアップ転職や将来起業を検討している方には特におすすめの転職先です。

ここでは、ボストンコンサルティングの企業・採用情報から、ボストンコンサルティングに転職するためのポイントなどをお伝えします。

ボストンコンサルティングはどんな会社?

社名 ボストンコンサルティンググループ
本社所在地 東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 日本橋室町三井タワー25階
設立 1966年
資本金 非公開
売上 非公開
従業員 18,500人
事業内容
  • 経営コンサルティング全般
公式サイト https://www.bcg.com/ja-jp/default.aspx

ボストン・コンサルティング・グループは、1963年にアメリカで設立された、世界約50ヶ国に90拠点以上のオフィスを持つ世界屈指の経営戦略コンサルティングファームです。

従業員は約18,500人、卒業生は22,000人以上にのぼり、経営者や大学教授など数多くの著名人を輩出しています。

ボストン創業に次いで二番目に開設されたのが1966年の日本オフィスであり、その後欧州やアジア・インドへ進出を果たしています。

ボストンコンサルティングは、Fortune誌の「働きたい会社Best100」において、11年連続トップ10にランクインするだけでなく、Consulting Magazine誌「最も働きがいのあるファーム」に5年連続1位に輝くなど、最高水準の評価を受けている世界屈指のコンサルティングファームです。

職種と仕事内容

ボストンコンサルティングは戦略コンサルティングファームであり、経営コンサルタント職が主体となります。5段階の役職が設けられ、上に上がればそれだけ責任・役割・裁量が大きく、年収も高くなります。

完全実力主義が浸透しているボストンコンサルティングでは、年次が上がるだけでは上の役職に就くことはできません。

下記に示した年次はあくまでも目安であり、優秀な人材であればより短期間で上位の役職に就けるでしょう。

役職名 目安年次 役割
アソシエイト 1~3年 幅広い分野の課題解決に触れ、スキルを磨く
コンサルタント 3~5年 事業の中核を担う人材としてプロジェクトに参画
プロジェクト・リーダー 5~8年 プロジェクト全体を俯瞰し、多角的な視点で戦略や方向性を示す
プリンシパル 実力次第 プロジェクト・リーダーよりも大きな責任・権限を持ち、プロジェクト管理を行う
パートナー 実力次第 コンサルティングスタッフ総責任者

クライアントの関係を発展・拡大する役割も担う

従業員の平均年齢

従業員の平均年齢は30代前半と、比較的若い層が多いのがボストンコンサルティングの特徴です。

労働環境

かつては週末・深夜勤務が常態化し、ハードワークで有名だったボストンコンサルティングですが、最近では夏季休暇の取得義務化など、ワークライフバランスを重視する取り組みが全社的に行われています。

しかしお客様商売という特性上、仕事の忙しさや残業の程度はプロジェクトによる場合が多く、プロジェクトによっては長時間労働となり、ワークライフバランスが取りづらい時もあるそうです。

一般的に戦略系コンサルティングファームは福利厚生がそこまで整っていない場合が多いものの、ボストンコンサルティングではMBA留学支援制度や産前産後休暇、育児休暇、社宅制度など、福利厚生を整えています。特に社宅制度は節税対策として有効であり、場合によっては約40万円の節税効果が見込めるようです。

またボストンコンサルティングは、人材育成のために多くの投資を行う会社として有名で、研修や海外オフィスへのトランスファーなど、従業員のステップアップのために多種多様な機会が提供されています。

英語は必要?

ボストンコンサルティングで働く人は、優秀な人ばかりであるため、英語は当たり前に話せる人がほとんどです。

英語に苦手意識がある方や英語に触れたくない方は、ボストンコンサルティングに入社してもかなり大変かもしれません。

ボストンコンサルティングから内定を貰った人の中には、英語の運用能力向上のために、3ヶ月入社を遅らせて海外に短期留学する人も少なくありません。それほど社内では英語を使う機会が多く、高レベルの英語能力が求められる事が伺えます。

英語の運用能力は高ければ高いに越した事はありませんが、少なくともTOEIC800点は欲しいところです。

ボストンコンサルティングの平均年収

ボストンコンサルティング 平均年収

ボストンコンサルティングの平均年収は約1,800万円とされており、国内上場企業における年収の上位1%の高水準を誇ります。

ただし以下のように、役職によって年収に大きな幅があります。総じて高待遇であり、入社を果たせば高収入が見込めます。

役職名 年収
アソシエイト 500~800万円
コンサルタント 1,200~1,400万円
プロジェクト・リーダー 1,800~2,000万円
プリンシパル 2,500~3,000万円
パートナー 5,000万円〜

ボストンコンサルティングの求人情報

ボストンコンサルティング 求人情報

入社難易度や給与水準、国内トップの水準を誇るボストンコンサルティングにおける、求人情報について見ていきましょう。公開求人から、採用大学実績、採用人数まで幅広く解説します。

公開求人はある?

ボストンコンサルティングの公式HPでは、経営コンサルタント職の中途採用が通年で行われています。

対象となるのは企業や官公庁に職務経験がある人の他に、医師や弁護士、Post-doctoralフェロー、学術復興会研究員(DC含む)など、専門職として実務経験がある人、MBA等の海外大学院生にも門戸が開かれています。

いずれの対象者においても、コンサルティング経験や資格の有無は問われておらず、役職はアソシエイト、シニア・アソシエイト、コンサルタントの中から経歴等を考慮して決められるようです。

採用大学実績

ボストンコンサルティンは、東大・京大を中心に東工大や東北大、一橋大などの難関国公立、早慶や海外大学出身者などに採用実績があります。

理系院生・博士の割合が多いものの、経済学部生なども内定実績はあるようです。

経営戦略コンサルティングファームの最高峰であるボストンコンサルティングは、就活生の「就職したい企業ランキング」で毎年上位に選ばれており特に高学歴の入社希望者が多く優秀な人材が集まっています。

採用人数

ボストンコンサルティングには、毎年おおよそ5~10人が新卒で入社すると言われています。

しかし入社して同じファームに10年以上残れるコンサルタントは1割以下と言われており、人材の流動性は高いと推測されます。

優秀な人材を中途採用で通年募集を募っている事からも、中途採用比率が高い会社であると言えるでしょう。

ボストンコンサルティング入社はどんな面接をするの?

ボストンコンサルティング 面接

ボストンコンサルティングの中途採用選考は、

書類選考→一次面接→二次面接→最終面接

のフローで進む事が一般的とされています。稀に二次面接の後に内定が出る場合があるようですが、基本的には上記のような流れで進むようです。

面接では通常面接・ケース面接の2パターンが行われ、それぞれ対策が必要です。

ボストンコンサルティングは一次と二次の二回に渡りケース面接が行われる事が多く、相対的にケース面接の比重が高めであると言えるでしょう。

通常面接

通常面接では一般的な面接と同様に、履歴書と職務履歴書から気になる点を面接官に聞かれます。ケース面接の前段階として通常面接が行われる場合がありますので、どちらも抜かりなく対策するようにしましょう。

通常面接ではボストンコンサルティングへの志望理由はもちろん、前職に就職した経緯や学生時代の活動なども聞かれる可能性が高いです。

また問われた質問に対し冗漫であったり抽象的すぎる回答は控えましょう。例えば弱みを聞かれていて、英語や体力だけでは不十分です。

論理的思考力の不足など、コンサルの仕事を遂行する上で不足している点を考え、論理的に筋が通っている回答を心がけるのがポイントです。

ケース面接

コンサル職ではよく行われるケース面接。ボストンコンサルティングの中途採用面接では、一次・二次の2回に渡って行われる事が一般的のようです。

出題された問いに対し、提示された資料を適切に読み取り、どのようなアプローチ手法を用いてロジカルに解決していくかが問われるのがケース面接です。

緊張する状況で初見のお題に対し、短い制限時間で論理的に考える必要があるケース面接ですが、書籍や模擬面接を何度も行いポイントを掴んだ人にとっては、取り組みやすい面接形態だと言えます。

ボストンコンサルティングの中途採用一次面接はお題だけ与えられる、一般的なケース面接がメインとされています。

しかし二次面接では与えられたデータに対し、面接官の質問に答えていくケース面接も行われるようです。

二次面接では会話形式にケース面接が進行するため、事前に考えをまとめる時間はなく、柔軟な対応力と頭の回転の速さが求められ、難易度が高い面接だと言えるでしょう。

ボストンコンサルティングが求める人材

ボストンコンサルティング 人材

ボストンコンサルティングが求める人材は、好奇心旺盛で考えるのが好きな、「何をやりたいか」を明確に持った成長意欲の高い人材です。

他にもロジカルな思考力やコミュニケーション力はもちろんのこと、大変な仕事をタフネスやストレス耐性を持った人材も求められています。

ボストンコンサルティングは経営学やMBA取得者以外にも、多様な学歴や実務経験を有する人に門戸が開かれています。ただ活躍の幅に限界を持たせない為にも、総じて英語は出来た方が良いでしょう。

与えられた仕事を愚直にこなすのでなく、「自分であったらこうする」など、人と違う視点で物事考え、付加価値を出す取り組みを積極的に行える人がボストンコンサルティングには適しています。

ボストン コンサルティングに転職する難易度

ボストン コンサルティング 転職 難易度

圧倒的なネームバリューや高待遇、国際的なフィールドで質の高い仕事が行える環境が整っているボストンコンサルティング。

転職考える層は高学歴で能力が高く、採用枠も多くないことから、競争は厳しく転職難易度は最高峰だといえます。

ボストンコンサルティングに入社すれば、ヘッドハンティングの機会も多くなり、キャリアのステップアップに繋がりやすいのも魅力です。

昨今では多種多様な問題解決が行えるジェネラリストに加え、より特定の領域に専門性を持った人材の必要性が高くなっています。自身の専門性を磨き訴求する事が今後はより必要になるでしょう。

ボストン コンサルティングに転職する理由

ボストンコンサルティングに転職をした人は、国際的なフィールドでの仕事がしたい、年収が高い、圧倒的なネームバリュー、高水準の業務能力を短期間で習得し市場価値を高めてステップアップしたい、優秀な人が多い環境で働きたいなど、様々な理由でボストンコンサルティングへの入社を決めたようです。

ボストンコンサルティングに転職を検討する層は概して優秀であり、実務経験者やMBA取得者も多いのが特徴です。

既にビジネス全般について理解しているものの、コンサルティングの現場でしか身につけられない課題解決の思考法などのビジネススキル取得を目指して転職を検討しています。

中には新卒時に入社が叶わぬも思いを抱き続け、数年間企業に従事した後にボストンコンサルティングへの転職を果たすという方もいるようです。

社内は仕事ができて地頭の良い、優秀な人しかいないため、環境が合えば仕事も楽しくし昇進も早いので天国ですが、合わないと早ければ一年で辞める可能性も高いでしょう。

高待遇で恵まれた環境が用意されているボストンコンサルティングですが、仕事は激務であり、短期間で高いビジネススキルを取得し、転職を行うと考える人が多いのも特徴です。

ボストンコンサルティング出身という、他の追随を許さない圧倒的なネームバリューによって、転職は比較的容易に行えるとの情報も伺えました。

ボストン コンサルティングの転職まとめ

これまでボストンコンサルティングの企業・採用情報から、ボストンコンサルティングに転職するためのポイントなどをお伝えしてきました。

ボストンコンサルティングへの転職は国内でも最高峰に高い難易度とされ、ロジカルな思考力やタフネス、チームで高い成果を出すコミュニケーション力などが高い水準で求められています。そのため社内には実力者しかおらず、実力がないまま入社すると大変です。

ボストンコンサルティングに転職を成功させ、社内で着実にキャリアアップを目指したいとお考えの方は、セミナーを受講しステップアップを図ることをおすすめします。

経験豊富なプロだからこそあなたを最短でブラッシュアップさせ、ボストンコンサルティング転職へ導きます。周りに圧倒的な差をつけるためにも、プロに力を借りながらボストンコンサルティングへ、圧倒的な実力をつけて栄えある転職を目指しましょう。

おすすめ記事:戦略系コンサルタントとは【仕事内容、有名なファーム、出身者を解説】

コメント

コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
タイトルとURLをコピーしました