コンサル業界のBig4を比較【特色や口コミから違いを解説】

コンサル会社
コンサルタントの転職には、ケース対策などの専門的な対策を行うのが必須
ただ独学のみで対策を行うには限界があります・・・
コンサル転職専門の戦略戦術を伝授してくれるのは
考えるエンジン

まずは無料相談ができるので気軽に試してみましょう!

コンサルタントを目指す方なら一度は耳にしたことがあるであろう「Big4」という名称。

このBig4とは、コンサルティングファームの中でも、特に大きな存在感を誇る存在です。

この記事では、コンサルティング業界のBig4について、その概要や各社の特徴などを紹介しています。

「Big4について知りたい」「Big4への就職を目指している」という方は、是非参考にしてください。

BIG4とは

コンサルティング業界のBig4とは、以下4つのコンサルティングファームを総称した名称です。

  • デロイトトーマツコンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

上記4つは、いずれも世界4大監査法人の一角です。

つまり、そもそも大元の組織が監査法人であるコンサルティングファームのことを、「Big4」と総称しているんですね。

監査のみではなく、経営方針まで関わるように

元々Big4の各社は、会計事務所として監査業務をメインに行っていました。

監査とは、クライアント企業の財務状況を観察し、その経営についての文書を作成する業務です。

有価証券報告書等の仕事が、最も想像しやすいでしょう。

しかし、20世紀終盤からコンサルティング業界が活況を迎えています。

その中で、各会計事務所は「企業状態を正確に把握できるという知見が、コンサルティング業務にも活かせる」と考えるようになりました。

そして、元々は監査業務だけを行っていたのが、その知見を土台に、クライアント企業の経営方針にまでアドバイスや実行支援を行うコンサルティング業務も行うようになったのです。

Big4各社は、世界各地にネットワークを有しているということもあり、所有しているデータの量も膨大です。

その強みは、中小のコンサルティングファームはもちろんのこと、大手のコンサルティングファームにも引けをとりません。

この世界中に抱える膨大なデータ量、ネットワークが、Big4だからこその大きな強みとなっています。

コンサルティングを廃止してその後に復活

実は、Big4は一旦コンサルティング業務から撤退していました。

というよりも、会計事務所がクライアントにコンサルティング業務を行うことが、2002年にアメリカで制定されたSOX法という法律により禁じられていたのです。

そもそも、SOX法が制定されたことには、以下のような背景があります。

  1. 「監査業務とコンサルティング業務を混同すると、適正な監査ができず、不正の温床になるのでは?」という批判が生まれた
  2. 2001年10月、アメリカの大手企業エンロン社が巨額の粉飾決算による不正会計事件を引き起こした
  3. 2002年、Kマートやグローバルクロッシング、ウェイスト・マネジメントなど、他のアメリカ有力企業も次々に不正会計を行っていたことが発覚
  4. 2002年、SOX法の制定により、会計事務所がクライアント企業にコンサルティングを行うことが禁じられた

上記の背景により、Big4は自社で設置していたコンサルティング部門を解体したり、他社に売却したりする必要を迫られ、コンサルティング業界からは姿を消しました。

しかし、その後Big4は、中小規模を中心とした、他社コンサルティングファームを買収することにより、コンサルティング業界へと舞い戻ってきています。

自社でコンサルティングサービスを行うのではなく、コンサルティングファームを傘下に収めるという形態です。

そして、元々各社が有しているデータ量やネットワークといった経営資源を存分に生かすことにより、再びコンサルティング業界においてもプレゼンスを高めることに成功しました。

コンサル業界BIG4の紹介

コンサルティング業界のBig4とは、

  • デロイトトーマツコンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

の4社です。

以下、各社の特徴を紹介していきます。

デロイト トーマツ コンサルティング

公式サイト:https://www2.deloitte.com/jp/ja.html

社員数 約2700人
拠点数  141拠点

デロイトトーマツコンサルティングは、監査を中心として、リスク管理やフィナンシャル、税務、法務といったサービス領域と資源・エネルギー・生産財、金融、政府・公共サービス、ライフサイエンスといったようなインダストリー領域など、幅広い領域のコンサルティングを手掛ける総合系ファームです。

世界最大ともいわれる「デロイト」の傘下にあり、Big4の中でも特に大きなプレゼンスを確立しています。

関連記事:モニターデロイトへの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

年収水準はBig4でもトップレベル

デロイトトーマツコンサルティングの最も大きな特徴は、Big4の中でも、特に年収が高いということです。

新卒の初任給であっても、600万円程度は貰うことができます。

ちなみに、BIG4他社を見てみると、概ね以下の通りです。

  • PwCコンサルティング:550万円程度
  • KPMGコンサルティング:500万円程度
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング:500万円程度

また、詳しくは後述しますが、デロイトトーマツコンサルティングは、実力主義、成果主義が色濃く出ているわけではありません。

そのため、収めた成果に関わらず、高年収を貰えるというのが、大きな特徴です。

日系企業に近い社風

デロイトトーマツコンサルティングは、外資系企業でありながら、日系企業に近い社風を持っています。

特徴的なのは、非常に研修が充実しており、かなり人材を成長させるための制度が整っているということです。

通常、外資系企業の場合には、徹底的な成果主義を標榜しており、満足のいく成果が出れば昇進、成果が出なければ解雇というような「Up Or Out」、そこまでいかなくても「Up or Stay」のルールが敷かれています。

しかし、デロイトトーマツコンサルティングでは、日系企業のように、長い時間をかけて人材を育成していくという方針を取っているのが特徴的です。

チームごとの垣根が低い風通しの良さ

通常、コンサルティングファームというと、プロジェクトチームごとの垣根があり、他チームとの連絡・調整などはあまりないものです。

成果を出したチームには、その成果の見返りとして、大きな予算が計上されるという点も、影響しているでしょう。

しかし、デロイトトーマツコンサルティングの場合は、チームごとの垣根が低く、異なるチーム同士でもシームレスに協力し合うという場面が多々あります。

デロイトトーマツコンサルティングが抱える案件は、非常に多岐に渡り、1つのチームだけでは解決できないケースも多いためです。

自分のチームだけではなく、他のチームにも貢献するという姿勢は、成果主義を標榜していないデロイトトーマツコンサルティングだからこその強みでしょう。

デロイト トーマツ コンサルティングの口コミ

デロイトトーマツコンサルティングの退職者及び現役コンサルタントの口コミをいくつか紹介します。

良くも悪くも、自主性と自己のスキルでキャリアを切り開いていくことができる。そのいずれかが欠けていても、上司の思惑だけでアサインが決まるため、思うようなキャリアを築けず、器用貧乏に終わってしまう。
クライアントは誰もが知っているような大手企業ばかりで、そのような企業の重要な意思決定に関われるのは、大きな魅力。それこそ、社会を激変させるようなプロジェクトに関われる可能性もある。
採用選考が非常に厳しく、超優秀なビジネスマンばかりが集まっているため、しょうもないミスで迷惑を被るといったような、ビジネス上のストレスを感じることはほとんどない。

PwCコンサルティング/PwCアドバイザリー

公式サイト:https://www.pwc.com/jp/ja/about-us/member/consulting.html

社員数 約2200人
拠点数 742拠点

PwCコンサルティングはプライスウォーターハウスクーパースのコンサルティング部門を担当する会社です。

元々、サービスごとに法人が独立していましたが、2016年2月にすべて集約される形で、PwCコンサルティング合同会社が設立されました。

世界158か国に拠点を設けているというネットワークの大きさが、PwC社最大の強みとなっています。

関連記事:PwCコンサルティングへの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

グローバルな環境

PwCコンサルティングは、Big4の中でも、特にグローバル展開をしているファームです。

上記でも紹介したように、全世界158か国に、全部で700以上もの拠点を設けており、そのグローバル展開はまだまだ続いています。

海外駐在になる可能性があるというだけではなく、日本国内で勤務している場合にも、海外案件を受注する機会が非常に多いため、かなり高いレベルでの英語力、外国語力が求められるのがPwCコンサルティングの特徴です。

また、今後のグローバル展開を標榜する企業からのコンサルティングも、多くPwCコンサルティングに依頼が届きます。

自由な社風

PwCコンサルティングは、風通しがよく、自由な社風であるということが強みの1つです。

「自分はこの領域に専門性がある。だからこの領域で勝負をしたい」というような主張を若手でもすることができ、実際の配属決定については、その要望が通ることも多々あります。

大手のファームだと、通常自分の望み通りの配属にならないことが多いものですが、PwCコンサルティングの場合は、自分が好きなフィールドで勝負できる土壌が整っているのです。

また、その風通しのよさは、実際にプロジェクトを進める際にも生かされており、若手社員であっても、社長やパートナーに自分の意見を主張することが許容されています。

非常に強い実力主義の傾向

PwCコンサルティングは、デロイトトーマツコンサルティングとは違い、実力主義を徹底しているのが大きな特徴です。

このあたりは、流石外資系企業といったところでしょう。

前述の通り、自由さが認められている分、大きな責任も伴います。

自律的に自己研鑽に励まない人間はどんどん淘汰されていき、同期に年収額で大きく水を開けられることもあります。

Up Or Outまで厳格なルール適用はないので、会社に居座ろうとすれば可能だが、やはり居づらさを感じるように、結果的に退職してしまう人も後を絶たないそうです。

PwCコンサルティング/PwCアドバイザリーの口コミ

PwCコンサルティング及びPwCアドバイリーの退職者及び現役コンサルタントの口コミをいくつか紹介します。

プロジェクトチームを組むにあたって、適当な人選ではなく、それぞれその領域に強みを持つ、プロフェッショナルな人材が幅広い部門から集まるため、そのシナジーにより高付加価値を生み出すことができる。
1つの組織ではあるが、その中で一人ひとりに求められる役割や成果は大きいため、単なるコンサルタントの集合体のような感じ。一人ひとりの裁量権が大きいので、非常にやりがいは大きいが、その分実績を出せなければ、周囲からの視線は冷たくなるのを感じる。
かなり厳格な成果主義のため、しっかりとパフォーマンス高く成果を発揮すれば、その分ボーナスが上乗せされ、下位の役職であっても、上司を上回るような収入をもらえることもある。このあたりの評価制度は明確でいい。

KPMGコンサルティング

公式サイト:https://home.kpmg/jp/ja/home/about/kc.html

社員数 1153名
拠点数  147拠点

KPMGコンサルティングは、オランダを本部とするKPMGのコンサルティング部門の会社です。

主に、ビジネストランスフォーメーション、テクノロジートランスフォーメーション、そしてリスクアンドコンプライアンスの3つのビジネスフィールドにおいて、独自のネットワークを活かし、コンサルティング業務を行っています。

関連記事:KPMGコンサルティングの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

年収水準が低い

KPMGコンサルティングは、Big4の中でも年収水準が特に低いファームです。

初任給では最大でも500万円程度、その後年次を経ても、600万円程度に留まるコンサルタントがほとんどです。

Big4だけではなく、コンサルティング業界の中でも、決して高いとは言えません。

少数精鋭である

KPMGコンサルティングは、Big4他社と比べて、少数精鋭で動いています。

そのため、一人ひとりに与えられる仕事の幅は非常に広く、業務を通じてかなりやりがいを感じられることでしょう。

ビジネス戦闘力を身に着けていく上では、KPMGコンサルティングが最高の環境であるとも考えられています。

一方で、Big4の中でも特に激務になりがちという点も、大きな特徴です。

年収水準も低いということで、Big4の中ではややブラック気質が色濃いファームと言えるでしょう。

RPA案件に強い

RPAとは、Robotics Process Automationのことで、これまでヒューマンリソースに頼っていた業務をAIや機械学習に置き換え自動化することを指します。

近年の急速な社会変動により、ホットとなりつつある領域です。

KPMGコンサルティングは、このRPA導入に特に注力しています。

例えば、2018年3月に早稲田大学が業務改革の一環としてRPA導入を決めた際には、その支援をKPMGコンサルティングが行いました。

今後もRPA案件には、よりエネルギーを注いでいくものと考えられ、RPAに見識を持つ人材は、有利に選考を進められるかもしれません。

KPMGコンサルティングの口コミ

KPMGコンサルティングの退職者や現役コンサルタントの口コミをいくつか紹介します。

比較的研修制度も充実しているが、やはり早いうちからプロジェクトに直接携わって、実務経験を積んでいけるため、成長スピードはかなり速い。
明確な評価基準がないため、極端な話、上司の好き嫌いにより評価が決定し、職位や年収が決定してしまうこともある。上司の中にはかなりクセのある人物も多いので、それなりに面倒さを感じる。
裁量労働制を採用しているため、働き方を自由に調整できるため、ワークライフバランスはそれなりに充実させられる。企業としてもコンプライアンス意識は高い。反面、そのコンプライアンス意識の弊害として、オフィス街で隠れサービス残業をしているような人も結構いる。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

公式サイト:https://www.eyadvisory.co.jp/

社員数 約1800人
拠点数  3拠点(グループ全体で700拠点)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは、国内に3拠点を設けるコンサルティングファームです。

大元の組織は、イギリス・ロンドンに本拠を設けるアーンスト・アンド・ヤング社で、全世界150か国合計700都市に拠点を設けています。

2017年度には世界トップレベルの大学生及び大学院生を対象にした就職人気ランキング(World’s Most Attractive Employers)のプロフェッショナルサービス部門において、第3位に輝いた会社です。

関連記事:EYアドバイザリーへの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

ベンチャー気質が強い

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは2010年11月に設立されたばかりの新しい企業です。

EYグループのネットワークを活用しながら急速に拡大しているものの、Big4他社と比べると、遅れを取っている面は否めません。

しかし、だからこそ、余計なしがらみや前例のない状態で仕事ができる、というベンチャーならではの強みもあります。

また、一人ひとりに任される仕事の幅も広く、若いうちから様々な仕事の経験を積むことができるのも、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの魅力の1つです。

穏やかな社風

コンサルティングファームと言うと、それぞれのプライドが高く、また徹底的な成果主義のルールのもと、ガツガツとした人材が多いというイメージがあるでしょう。

しかし、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは、Big4の中で最も落ち着いた、大人な雰囲気があるという評判です。

実際に、採用選考においても、その社風が垣間見える部分があり、

  • 「非常に穏やかで学生に対して優しい対応をしてくれる」
  • 「穏やかで品の良さを感じた」

というような口コミが多数ありました。

その穏やかさも手伝って、困った時にはすぐに手伝ってもらえるといった、チームワークの良さも、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの強みとなっています。

選考においてグループディスカッションが多い

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは、採用選考においてグループディスカッションが多く実施されます。

通常は、多くの志望者をふるいにかけるために一次選考で行われるものですが、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの場合、ある程度人数を絞った段階においても、グループディスカッションが行われるようです。

この点からも、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングが特にチームに貢献できる人材を求めているということが伺えます。

コンサルティングファームの採用選考においては、ロジカルシンキングやプレゼンテーション能力など、個人のスキルがより重要な評価ポイントとなっていることが多いです。

しかし、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングにおいては、それと同等以上に、コミュニケーション能力が求められることは1つの特徴と言えるでしょう。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの口コミ

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの退職者や現役コンサルタントの口コミをいくつか紹介します。

EYグループの後ろ盾があるので、大口の案件が多い。運が良ければ、グローバル規模の非常に大きな案件に携わることもでき、高い視点、広い視野から仕事を進めることができる。
キャリア開発につながる研修制度は充実していない。そのため、自分の責任でスキルアップを進めていかなければならない。入社の条件として、「個人でスキルアップができるか」という点も重視されていたような気がする。
徐々にファームとしてのプレゼンスを高めているため、他ファームから優秀な人材が次々に入社してくる。優秀なビジネスパーソンとの仕事機会があるため、学ぶことも非常に多い。今後も、さらに優秀な人材が集まってくることが予想される。

まとめ:BIG4の違いを学んで自分にあったファームを選ぼう

この記事では、コンサルティング業界のBig4と呼ばれる「デロイトトーマツコンサルティング」「PwCコンサルティング/PwCアドバイザリー」「KPMGコンサルティング」「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング」の4社について、その特徴をまとめました。

Big4は非常に社会的知名度が高いため、就職に成功すれば、多くの人に羨ましがられるでしょう。

しかし、その社風が必ずしも最適な社風であるとは限りません。

もし、合わない会社に就職してしまえば、むしろ地獄を見ることもあります。

そのため、会社選びに際しては、しっかりと企業研究を深めて、自分に合った社風を選ぶことが重要です。

Big4への就職・転職を希望される方は、この記事を参考にして、自分に合ったファーム選びの一助としてください。

コメント

コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
コンサル転職したいなら無料相談がおすすめ
30分完全無料相談
タイトルとURLをコピーしました